*Magnolia*

ARTICLE PAGE

金沢編 2



福梅。
金沢のお正月のお菓子です。
米飴を使っているので餡子がもっちりとした食感でした。

そして金沢と言えば兼六園。

KEN3.jpg


頭の中では降りしきる雪景色の兼六園を想像していたのですが
残念ながら、雪は積もっていませんでした。
でも雪吊りはとても美しかったです。

KEN5.jpg




KEN1.jpg




KEN2.jpg




KEN4.jpg




AMAZAKE.jpg

寒かったので甘酒と味噌だんご。
おいしかった!



↓ そしてお隣の金沢城公園へ ↓
前々日くらいまで雪がたくさん降っていたようなのですが
ほとんど溶けてしまってました。

K_SHIRO1.jpg



K_SHIRO2.jpg

なんとなくぶらっとお散歩していると
金沢城の石垣についての解説があったので興味深く観察。
石垣の裏(内部)まで見られました。


ISHI3.jpg

これは「切石積み」
なんとキレイな積み方でしょう!



ISHI1.jpg

「粗加工石積み」
割石を加工し、形や大きさをそろえた石材(粗加工石)を用いて積む技法。
加賀藩の石垣技術者、後藤彦三郎が「城内屈指の石垣」と称賛。

先日アップした薦掛けの土塀石積みもこの積み方なのでしょうか。



ISHI2.jpg

そしてもう一つ「自然石積み」
三つの積み方の中で最も古いもので、自然の石や粗割りしただけの石を用いて積む技法。
金沢城の初期の姿を伝える数少ない貴重なもの。


すみません。
内部…撮るの忘れました。。

いずれの石も内部に向かって尖っていて、右側にあるような丸い石がたくさん積まれていました。
石垣大好き人間としては、かなり貴重な展示で、しばらく周りをうろうろしてました。

とりあえず金沢編はこの辺りでおしまいです。
長くなってしまってすみません。

8 Comments

亜門  

わお!
金沢城は石垣の博物館と言われてますよね(^▽^)
大きく分けて野面積み、打込み接ぎ、切込み接ぎの加工度とバラエティーに富む石垣の積み方や外観がたまりません!

イメージ的には、荒々しいけど排水が良くて頑丈な石垣の丸岡城が野面積み。熊本城の武者返しなどは算木積みの技術を使った打込み接ぎ、江戸城天守台や仙台城は切込み接ぎで排水溝が特徴的ですよね!

兼六園も美しいし、美味しい和菓子に舌鼓と美が付くことの二乗。
さすが加賀百万石の地。
連載二回を存分に楽しませていただきました<(_ _)>

2018/01/09 (Tue) 14:51 | EDIT | REPLY |   

白雪  

To 亜門さん

さすがお城通の亜門さん、わかりやすい解説ありがとうございます!
同じ面に違った積み方をしてあったりすると、しばらくそこから動けなかったりしますよね^^

江戸城も仙台城もまだ見たことはありませんが、特徴的な石積みなんですね^^
なかなか東から北へかけては行く機会がないのですが、行った際には是非寄って見てみたいです。

旅に出るとちょこちょこつまむのがまた楽しみでもありますね。
今回も色々と美味しいものを食べ過ぎて今日は歩いて出勤しました(笑)

金沢編、ぎゅっと中身のある亜門さんの日記のようには行かなくて
薄く短くでしたが、読んでいただきありがとうございました^^
続きもちょこっとありますので、よろしかったら見てやってくださいね^^ゞ

2018/01/09 (Tue) 18:14 | EDIT | REPLY |   

すっとび  

甘酒とお団子!
今も昔も変わらず、訪れた皆さんは食べてきた伝統の味なのでしょうね。
ぴちっと組まれた石垣も気持ちいいですが、少し粗目に積んであるほうが石垣っぽくて好きです。

2018/01/10 (Wed) 01:21 | EDIT | REPLY |   

白雪  

To すっとびさん

甘酒は久しぶりに飲みました^^
味噌だんごももっちもちしててとっても美味しかったです。
時代劇見ててもお茶屋のおだんごが美味しそうだなといつも思っていたので
こういうところで食べるおだんごは特に美味しく感じます^^

うんうん、私も2番目の石垣が一番好きです^^
見た目もだけど、水はけもよく長持ちしそうだし。
少し赤みのある石も味がありますよね♪

2018/01/10 (Wed) 10:02 | EDIT | REPLY |   

woo  

 雪吊りの松は下からも支えて上からも支えるわけなのですね。とても大事にされてるというべきか雪の重みがどれだけ!なのでしょうね。もしかしたら松より存在感あるやも(笑)。

 石垣はとても面白いです。石垣の歴史学習施設のようです。石垣の歴史は石の加工技術の歴史なのですね。重い上に硬いのでたいへんですね(笑)。徳川大阪城の地下から見つかった豊臣大阪城の石垣は自然石積みでした。まあそこまでして埋めなくてもと思いましたが。

 石垣も好きですがやわらかいお餅も好物です。今年もたのしくおいしい旅を。

2018/01/10 (Wed) 17:59 | EDIT | REPLY |   

白雪  

To wooさん

大雪をかぶった雪吊りの景色も見たくはありましたが
こうして大切にされている植物たちを見られたのもよかったと思います。
街路樹の植え込みもほとんど雪吊りや雪対策がされていて
雪国って大変なんだなと改めて思いました。

石垣は知れば知るほど、見れば見るほど奥深く面白いですね。
豊臣の大阪城の石垣はまだ見たことがないのですが
そうですか、自然石積みなのですね。
あぁ…埋めてしまうとはなんてもったいことししたものでしょう
再び日の目を見ることはないのでしょうか…と調べたらあるんですね。
大阪城豊臣石垣公開プロジェクト
http://www.toyotomi-ishigaki.com/
微力ながら力になりたいと思います。

旅にはおいしいものはつきものですよね。
今年もたくさんのおいしいものと出会いたいです(笑)

2018/01/10 (Wed) 22:13 | EDIT | REPLY |   

woo  

蛇足ですが、豊臣大阪城の石垣が一部見られるところがあります。

http://www12.plala.or.jp/HOUJI/shiseki/newpage451.htm#ootemae

今の大阪城と趣きがだいぶ違いますね。ご存知でしたらすいません。

2018/01/11 (Thu) 19:59 | EDIT | REPLY |   

白雪  

To wooさん

これは知らなかったです!是非見てみたいです!
こうして復元されて大切にされているのはとても嬉しいですね。
教えていただいたページを読んでいると、もっともっと発見されていないものが
あちこちに眠っているんだろうなと、ちょっともどかしい気持ちにもなりました。
掘れるものなら掘ってみたい…(笑)
貴重な情報ありがとうございました☆

2018/01/12 (Fri) 10:16 | EDIT | REPLY |   

Post a comment