*Magnolia*

おかえりなさいと言える日がきますように…

Welcome to my blog

The only way to have a friend is to be one.

Subscribe and follow
Admin

Author: 白雪
ご訪問ありがとうございます。

なんでも撮ります。
旅行が好きです。
主にバイクでツーリング。
冬は青春18切符。

好きな季節は冬です。

Latest articles
READ MORE

バレンタインチョコとビー玉&マユミ

バレンタイン仕様のムーミンチョコ。今年も自分用にふたつ^^;ニョロニョロバージョンとスナフキンバージョン。ニョロニョロは青いのが甘さ控えめなチョコ、赤いのはチョコにストロベリークリーム?が包まれていてどちらも美味しいです。スナフキンチョコどれから食べようか迷い中です(笑)先日100均でフレームを買ってきて、スターバックスのリザーブコーヒーを飲んだときにもらえるカードをフレームに飾ってみました。左上、一番...
READ MORE

ありがとう

みなさまからの温かいメッセージ。ほんとにほんとにうれしかったです。ありがとう。普段何気なく使っているこの言葉はこの時のためにあるんだとこの気持ちを伝えることができる言葉がこの世にあってよかったと変かもしれないけれど、しみじみとそう思いました。土曜と今日、出勤してみて、みんなが心配してくれていたこと心配かけちゃったこと、色々考えることがたくさんありました。みんなが応援してくれてる、味方でいてくれる、...
READ MORE

京都植物園と…

節分の日に気分転換に京都植物園へ。初めて見たセツブン草のつぼみ。なんてちっちゃくてかわいい花なんでしょう。最初咲いていないのかと思いましたが、枯葉の間からちょこんと顔を出していました。カワセミにも会えました。どんよりとした日で、途中から雨が降り出しました。ここからは暗い内容で、気持ちが暗くなるので不快になりたくない方は読まない方向でお願いします。でももし読んで下さった方で、間違っているよと、こんな...
READ MORE

猫のように

にゃん 1にゃん 2仕事だけならなんとか頑張れるような気もするけど、たまにくじけそうになる。なんてドンくさいんだ、私。情けなくなる。どんなに急かされても、もっと冷静に対応できるようになりたい。うん、のっそりとした大人の猫みたいに。...
READ MORE

甘いもの

アンテノールのケーキ。ストロベリーのモンブラン。求肥(雪見大福の外側のように薄いお餅)で抹茶ムースと生クリームが包まれていて、その上にはストロベリー風味の白餡と苺。季節限定のケーキ。とってもおいしかった♪...
READ MORE

雪国

写真は岐阜、高山間の高山本線にて。幸い乗ってる人もまばらだったので、連続トンネルのときのみ立って撮影。大好きな雪景色。さて、寒い日が続いています。今朝も風が強く冷たい風が吹いていました。私はというと、手と足の指にしもやけができてます(笑)通勤もバイクですが、冷たい風が気持ちよく。さみーー!と言いながら運転してますが、笑顔なのです。こうして昨年の暮れからお正月にかけての雪景色を見ていると切なくなりま...
READ MORE

ライトレールに乗って。

ライトレール。富山駅北口から岩瀬浜間を走っています。その間200円。この沿線に住んでいれば駅へ出るにはすごく便利そう。運転席は真ん中なのです。終点「岩瀬浜」で降りて、15分ほど歩くとこんな景色が見られました。もう少し大きく山が見たい…と山へ向かって歩いていたら雨がポツポツしてきたので諦めて引き返しました。富山県って海も近いし山も近いし…いいなぁ。。ここに住みたいなぁと言ってみても、寒がりの相方にはま...
READ MORE

雨晴海岸 氷見

初日、青春18切符で京都を出発。降り立ったところは富山県高岡市の雨晴(あまはらし)駅。着いてすぐは雪が降っていなかったのに海岸へ歩いているうちにどんどん降ってきました(喜)海岸。ポツポツと見えているのは、レンズのゴミではなく雪です。色がほとんどなかったのでモノクロにしてみました。お天気の良い日ならばこんな景色が見えるらしい↓https://www.info-toyama.com/spot/21011/とやま観光ナビのページです。こんな景色...
READ MORE

※クリックでフリッカーへとびます車窓からの画像なので色が変だったり、映り込みがあったりしますがあまりにもキレイだったので、我慢できずに撮ってしまいました。なにもかも覆いつくす真っ白な雪。ふわっと積もった雪を触った手袋。雪の結晶がいっぱい。「「人間の眼が、いまの十倍か二十倍くらいに拡大されたら、雪山など、もったいなくて、とても歩かれないであろう」※中谷宇吉郎「誰も生まれないまえから雪は降っていた」より...